邦楽ロック

【おすすめ4曲】「くるり」の有名曲・人気曲はこれ!

引用元:くるり(公式HP)

メンバー

岸田繁(きしだ しげる・1976年4月27日生まれ) ボーカル&ギター
佐藤征史(さとう まさし・1977年2月1日生まれ) ベース・コーラス・ボーカル
ファンファン(1985年2月13日生まれ) トランペット・コーラス・ボーカル・キーボード




基本情報

ジャンル:ロック

活動期間:1996年〜

立命館大学の音楽サークル「ロックコミューン」出身。当時,同級生だった岸田繁(産業社会学部卒),佐藤征史(法学部卒),森信行(産業社会学部卒)の三人で結成された。バンド名の由来は京都市営地下鉄の案内板の矢印が結成当時「くるり」となっていたことから。

これだけは知っておきたい4曲

1.「ばらの花」

しゃぼんさん

「くるり」を代表する1曲。奥田民生さんや矢野顕さんを始めとした複数のアーティストにカバーされています。TBS系ドラマ『オレンジデイズ』挿入歌。




 

2.「東京」

しゃぼんさん

メジャーデビュー作品。古くからのファンにも人気。ボーカルの岸田繁曰く「初めて素直な気持ちが書けた」曲であるということ。後に映画『ソラニン』,映画『モテキ』で劇中歌として使用されました。

 

3.「ロックンロール」

しゃぼんさん

ライブの定番曲。力強いドラムにどこか懐かしい感じがするコーラスが特徴。共感を生む歌詞も人気の理由です。

 

4.「ハイウェイ」

しゃぼんさん

映画『ジョゼと虎と魚たち』のサウンドトラックを担当した「くるり」がテーマ曲として製作した曲。抑揚は多くなくシンプルなメロディですが,優しい雰囲気が体に馴染み,タイトルどおりドライブ中に聴きたい曲。

 

いかがでしたか?

「くるり」はデビュー20周年を迎えましたが,今なお幅広い音楽性で多くのファンを得ながら活動し続けているバンドです。

気になった方はぜひ他の曲も聴いてみてください!

くるりのネットでの評価は?