洋楽ロック

【おすすめ4曲】「THUNDERCAT(サンダーキャット)」の有名曲・人気曲はこれ!

引用元:THUNDERCAT(公式HP)

基本情報

ジャンル: 電子音楽、R&B、ジャズなど

活動期間:2000年〜

THUNDERCAT(サンダーキャット)ことステファン・ブルーナーは、カリフォルニア出身のベーシスト、ボーカリスト。父ロナルド・ブルーナーと兄ロナルド・ブルーナー・Jrは、共にドラマーであり、大物アーティストとも共演している。音楽一家のもとに生まれたステファン・ブルーナーは、幼少期からベースを演奏しており、その類稀なる才能で、16歳のときにはスイサイダル・テンデンシーズへ兄と共に加入している。その後脱退し、以後はソロプロジェクトや数多くのアーティストと共演をしている。4月末に行われたジャパンツアーは、5公演すべてソールドアウト。




これだけは知っておきたい4曲

1.「Them Changes」

しゃぼんさん

侍好きのステファン・ブルーナーが鎧侍に扮しています。この曲を聞けば、型にはまらない彼の音楽がわかるはず。アメリカの音楽メディアPitchforkで「Best New Music」に選出。

 

2.「Tokyo」

しゃぼんさん

東京で撮影されたMVで、ステファン・ブルーナーが東京を訪れたときの感想を歌った楽曲。東京のお店やアニメなどのサブカルチャーに興奮する様子が見て取れる歌詞が面白い。日本人なら知っておくべき一曲。




 

3.「Uh Uh」

しゃぼんさん

ありえないくらいの超絶ベーステク。人間離れしているぼん…。ジャジーでカッコいい曲。

 

4.「Show You The Way」

しゃぼんさん

ケニー・ロギンズ、マイケル・マクドナルドとの共演曲。サンダーキャットのファンであったケニー・ロギンスの息子がきっかけとなり実現。

 

まとめ

6弦ベースを使用しているサンダーキャットの音楽は、奥行きがありかっこいいものばかりですね。
テクニックも凄腕なので、ベースが好きな人にとってもオススメのアーティストです。
ちなみにインパクトのあるジャケ写が話題の3rdアルバム「Drunk」は、収録曲が24曲もあるらしく、大好評らしいです。
気になった方は,ぜひ他の曲も聴いてみてはいかがでしょうか。

THUNDERCAT(サンダーキャット)のAmazonレビューを見る