買ってよかったもの

【マンガ700冊】Kindle初心者が「Kindle Paperwhite マンガモデル」を買ってみた感想

こんにちは

みなさんは、マンガはお好きですか?

ぼくは大好きです

人生観はマンガによって構築されているといっても過言ではないほど

そんなぼくですが、今までマンガはもっぱら紙派でした

Kindle系の電子媒体はアンチとまではいかないまでも、どこか避けていた部分がありました

パラパラめくりながら読むのが味があっていいんじゃねーか!って感じで

とはいいつつも、気にはなっていたのでアプリなら…と思い、ある日試しにKindleアプリをスマホにインストールしてみたのです

 

もっと早く使っときゃよかった…

 

それからというものの、読みたい書籍をワンタッチですぐに読める手軽さにいとも簡単に魅了されてしまい、考え方を変えさせられてしまいました

「Kindle Paperwhite マンガモデル」に興味を持ったのは、どうせなら画面が大きくて、もっといい端末で読みたいと思ったのがキッカケです

そこでKindleについてようやく調べてみることになったのです

「ふむふむ…。最も売れている電子書籍リーダーというのがKindle Paperwhiteというやつらしい(今まで避けてきたのでよく知らない)。これを買えば間違いないのか。」

「いやちょっとまて、これのマンガ専用に特化した「マンガモデル」というのもあるぞ?」

「しかも、プライム会員だと4000円安くなるじゃないか!これしかないじゃないか!」

って感じで深く考えずにポチりました(笑)

今考えると恐ろしいですが、結果的には買って大正解でした

今回は、初めて買ったKindle端末でもある「Kindle Paperwhite マンガモデル」の使い心地が素晴らしすぎて、ぼくにとっては革命的だったので紹介させていただきたいと思います

 

 

 

外見

まず、実物

これはぼくが所有しているもので、手に持つとこんな感じです

背面にバンカーリングを取り付けることで、ホールド力をアップして片手でも読みやすくしています

ちなみにバンカーリングについては、こちらの記事で紹介

バンカーリング(スマホリング)の高評価モデル4選

機能

  • サイズ 169 x 117 x 9.1mm
  • 重量 205g
  • ディスプレイサイズ 6インチ
  • ストレージ 32GB
  • 解像度 300 ppi
  • 接続 Wi-Fi
  • バッテリー 数週間
    (明るさ設定10、ワイヤレス接続オフ、一日30分使用の場合)
    反射抑制スクリーン あり

以上が基本のスペックになります

もっとも、これだけ見てもいまいちピンとこないという方もいらっしゃると思いますので、以下、初Kindleを実際に使ってみた筆者が感じたことをまとめていきたいと思います

読み心地が本物の紙!

まず、最初の感想がこれでした。スマホやタブレットの画面とは違って、ディスプレイには光沢や反射がないマットなe-inkスクリーンが採用されています

明るい場所や外で読んでも、スマホやタブレットの画面ように反射せずに、ザラザラ感がある紙の書籍と同じように読めるので非常に読みやすいです

加えて300ppiの高解像度(前世代機の2倍)によって、印刷物のようにくっきりとした鮮明な文字が見えます

もう本の置き場所に困らなくなった

自宅の本棚には並べるスキマはとっくになくなっていたので、筆者は今までダンボール箱にいれて保管している状態でした

ただダンボールに入れてしまうと、出すのが面倒であまり読まなくなってしまうんですよね

それどころか、ダンボールが増えて部屋がだんだん狭くなっていく…

Kindleならば、そういった心配は完全になくなります。本体ストレージは32GBもあるので、マンガなら700冊、一般的な書籍であれば数千冊が保存できるとされています

また、クラウドなら容量無制限で好きなだけ保存できてしまいます

もっと早く手に入れておけば、ダンボール増えなかったのに…

好きな本を好きなときに読めるようになった

本体を手にとってみるとわかるのですが、軽くてサイズ感が良い(薄さ9.1mm、重さ205g)ので非常に持ちやすいです

大容量のストレージにお気に入りのマンガなどを保存しておけば、オフラインの状態でも読めます

長時間バッテリーなので一度充電すればそのまま何週間でも使用できちゃいます(公式では最大6週間充電なしで使用が可能としています)

通勤・通学中、長い待ち時間や旅行の時だって好きな漫画をまとめて持ち運んで読めるのは、大きなメリットですね

とにかく購入が快適すぎた

マンガを読み終えると、また本屋に行って目当ての作者のコーナーを探し出して、次の巻があるかどうか確認する…という作業を行うのが今まででした

これはこれで嫌いじゃなかったのですが、時間と労力をかけて行ったあげく、目的の巻だけなかった時の悲壮感は半端ないです

Kindleだと、読み終えると「シリーズの続き」が表示され、次の巻へ検索いらずで誘導してくれます

気になったら、1-Clickで買えばそれで終わり

もう次の巻が読めてしまうのです

あまりに手軽すぎるし、本を買うという感覚が薄いのでどんどんと買い進めてしまいます(笑)

マンガモデルが特に優れている2点

1.前代未聞の32GB大容量ストレージ

従来のKindle Paperwhiteが4GBだったのに対し、マンガモデルではなんとその8倍の32GBとなっています!

もはや、これだけでマンガモデルを選ばない理由がない

Kindle書籍は、キャンペーンで無料や半額になったり、まとめ買いをすると安くなったりするなど、お買い得に読めるものが多いので、知らず知らずのうちに保存する書籍は増えていくものです

そんなときに、この大容量のストレージがあれば気兼ねなく読書ライフが楽しめちゃいます

安心感が違いますね

2.快速ページターン&連続ページターン

従来のKindleよりページ送りが33%も速くなったらしい

今までのKindleを知らないのでなんともいえないけど、普通にサクサク動いてくれて不満はないです

また、「連続ページターン」では読み飛ばしをしたいときなどに、画面を長押しすることで、超高速でページが切り替わってくれるので何気に便利です

まとめ

 

購入を検討されている方の中には、お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、Kindleには「キャンペーン情報付き」と「キャンペーン情報なし」の2種類が存在します

何が違うか簡単にいうと広告があるかないかの違いになります

まず広告があると、ホーム画面下に広告が出てきます。また起動時にも広告があるのでスライドして解除させる必要があります

ちょっとした手間にみえますが、使うたびに常にそのアクションが必要になるとかなりストレスになると思われます(そういうのが苦にならない人なら問題なし)

どうせ買うなら「キャンペーン情報なし(広告表示なし)」がオススメです!

ちなみにプライム会員なら4000円安く買えるクーポンが使えます!

レジに進むときに「PRIMEMANGA」というように入力すると適用することができます

※プライム会員であっても、このコードを入力しなければクーポンが適用されないので注意が必要

電子書籍は使ってみると本当にメリットばかりで、僕が感じたデメリットといえば簡単に本が買えてしまうことから消費が増えたくらいです(笑)

でも、書籍自体Kindle版の方が安い場合が多いから場所的にも経済的にも絶対オススメなんです

Paperwhiteと悩まれる方がいらっしゃるかと思われますが、マンガモデルの方が容量が格段に多いので後悔しません!

マンガ好きの方なら、より快適なマンガライフが楽しめることは間違いないでしょう

見ていただき、ありがとうございました!

カバー等のアクセサリーも色々あります、見ているだけで面白い